2019.06.13 ネオコン2019 Report Vol.3 | NeoCon

『Humanscale』は、新作スツール Altoが入口にショーケースされていました。

2020年に商品化予定のスツールはデザイナーDon Chadwick氏のデザイン。

オフィスだけでなくレジデンシャルスペースにも似合うデザインで、人間工学に基づいた弓型形状の座面と角度のついた木脚は、ソフトでありながらハードなフォルムをバランスよく実現しています。

座り心地もよく、Humanscaleならではの人体に配慮した設計は、長時間の着座にも適したスツールです。

ネオコン2019 Report Vol.1 | NeoCon HumanScaleヒューマンスケールイメージ

背面にフレームがセットされたSummaはエグゼクティブ用チェア。

自動的にリクライニングする構造は座り心地もよく、ボードルームやご自宅などに適しています。2019年中に商品化予定で、今から発売が楽しみなプロダクツです。

張地ではプレミアムクロムフリーレザーが加わり、環境に配慮する同社の姿勢もうかがえます。

※革をなめす時に使用される、クロムは強い酸化性をもつため、環境に影響がると言われています。「クロムフリーレザー」はクロムを使わずになめした皮革のこと。

 

ネオコン2019 Report Vol.1 | NeoCon HumanScaleヒューマンスケールイメージ

Humanscaleの歴史をプレゼンテーションしたスペースでは、Freedom Chairが展示されていました。

性別・体形を問わず座る人の体合わせて、即座にフィットし長年世界中で愛される製品です。

 

ネオコン2019 Report Vol.1 | NeoCon HumanScaleヒューマンスケールイメージ

QuickStandは「立つ」「座る」どちらの姿勢でもデスクワークができる次世代のアイテムです。

当社でも、共用PCをQuickStandで使用しています。

立ってMTGをしながら、座ってじっくりと。健康的で活発なワークスペースとして活用しています。

 

ネオコン2019 Report Vol.1 | NeoCon HumanScaleヒューマンスケールイメージ

 

Humanscale」のブランドページはこちらから

 


お問い合わせ先

ESTILE DIV.(イスティーレ ディヴィジョン)

株式会社チームネット

東京都港区南青山3-1-7 Aoyama Compal Bldg 1階

tel: 03-3478-7511

mail: info@estile.jp